【クイズ】日本脳炎は蚊が媒介する感染症?<感染症の予防>

ダニ媒介性脳炎ワクチン接種

医療行為では、全国カレンダーにいくつかの必須のワクチン接種が提示されています。それらとは別に、流行の兆候、または特定の病気の頻繁な発生がある地域に住む人々のいずれかに与えられるワクチン接種があります。後者には、ダニ媒介性脳炎ワクチン接種が含まれます。ワクチン接種がさらにどのように行われるかをお伝えします。

記事の内容

ワクチン接種の適応

ダニ媒介性脳炎ワクチン接種

脳炎は、ダニを吸った後、ウイルスが人間の血液に浸透することで発生します。ワクチン接種を受けるということは、身を守り、ダニ媒介性脳炎の発症を防ぐことを意味します。

子供または大人のワクチン接種は個別に処方され、スケジュールも医師によって決定されます。

最も高い昆虫活動は暖かい季節に観察されます。ワクチン接種は、感染の可能性が高い国、たとえばアジア、ロシア連邦、東ヨーロッパなどに頻繁に旅行したり、永住したりする人々に必要です。

ダニ媒介性脳炎に対するワクチン接種の最適な時期は、ワクチン接種日から20日後に抗体が産生され始める夏季の始まりです。この期間中、ウイルスに感染する可能性が高い場所への訪問は禁止されています。

ダニ媒介性脳炎ワクチン:薬の概要

注射は次の薬を使用して行われます:

  • 子供の脳卒中-1〜12歳の子供向け;
  • ジュニアFSMNIMMUN-1歳から16歳までの子供; ​​
  • FSUEPIPVE製品-3歳以上の子供向け;
  • Entsevir-3歳以上の大人と子供向け。
  • Encepurは大人向けです。

子供向けのワクチンにはいくつかの利点があります:

  • ワクチン接種後の副作用のまれなケース;
  • 感染に対する完全な保護は、2回目の注射の14日後に現れます。

接種は肩の皮下で行われます。血管への薬物の摂取は禁じられています。

既存のワクチン接種レジメン

ダニ媒介性脳炎ワクチン接種

夏の初めと真ん中の両方で危険なウイルスの予防接種を行うことができます秋にはありません。ダニ媒介性脳炎に対するワクチン接種スケジュールは、選択した薬剤に応じて選択されます。現在、国内では4つの外国ワクチンと2つの国内ワクチンの使用が許可されています。

ダニ媒介性脳炎のワクチン接種は、標準的なシステムに従って行うことができます。標準的な手順に加えて、緊急のダニ媒介性脳炎ワクチン接種があり(手順は以下に示されています)、病気に対するより迅速な保護を提供します。

ほとんどの場合、ダニ媒介性脳炎に対する標準的なワクチン接種が行われます。

  1. Encevir の場合、最初の注射は医師が指定した時間に行い、次の注射は5か月後に行います。
  2. FSUE PIPVE の子供は、特定の日に初めてワクチン接種を受け、5か月後に再ワクチン接種されます。
  3. 子供向けエンセプール-ワクチン接種は決められた日に行われ、2回目は最初のワクチン接種から1〜3か月以内に行うことができます。
  4. ジュニアFSMNIMMUN の説明は、薬の投与と同様です子供の脳卒中
  5. Encepur 成人患者は専門医が指定した時間に配置され、再ワクチン接種は1か月または3か月で行われます。

緊急ダニ媒介性脳炎ワクチン接種

子供と大人がワクチン接種された後、体は3年間ウイルスから確実に保護されます。ワクチン未接種の子供がダニに噛まれた場合、慌てる必要はありません。すぐに医師に相談して昆虫を取り除き、研究のために研究所に送って感染の危険性があるかどうかを確認する必要があります。

緊急治療室では、指示に従って子供に注射が行われます。

緊急ワクチン接種(加速ワクチン接種とも呼ばれます)には、次のスキームが必要です。

  1. Encepur は、2週間後に初めて処方されます。
  2. Kokis -60日後。
  3. ジュニアFSMNIMMUN -二次ワクチン接種は2週間で行われます。
ダニ媒介性脳炎ワクチン接種

ワクチン接種は、30日間脳炎から体を保護するのに役立ちます。この期間中、専門家による頻繁な検査が必要であり、痛みを伴う症状が検出された場合は、強制的な医療が必要です。

ワクチン接種後の副作用

ダニ媒介性脳炎に対するワクチン接種は、その計画が専門家によって決定され、禁忌がない場合、身体によって十分に許容されます。手術後、赤い食べ物を食べることはできません。アレルギーがある場合は、シャワーや入浴を禁じられています。

次の副作用が考えられます:

  • 発疹の形での皮膚の発赤;
  • ワクチンが投与された場所での強い硬化;
  • 弱さと疲労;
  • 小さな持ち帰りリンパ節検査。
  • 熱;
  • 頭の痛み。

抗原構造が類似しているため、ロシアと外国の注射の効果は同じですが、輸入された薬は副作用を引き起こさないことが証明されています。

注射の制限

ダニ媒介性脳炎の患者に感染性の病状がなく、卵白に対する不耐性がない場合、輸入されたワクチンが彼に処方されます。さらに、このタイプの治療を受け入れるための重要な指標は、1歳以上です。

ロシアのワクチンを使用した脳炎に対するワクチン接種は、次の場合に禁止されています。

ダニ媒介性脳炎ワクチン接種
  • 気管支喘息の場合;
  • 1歳未満の新生児;
  • 食品に対するアレルギー反応の場合;
  • 患者がてんかんを患っている場合;
  • 結合組織の病状について;
  • 患者がリウマチに苦しんでいる場合;
  • その他の感染症の場合;
  • 肝炎と診断された場合。

上記の兆候がない場合、脳炎に対するワクチン接種は必須です。危険な病気に対するそのようなワクチン接種はどこで受けられますか?この種の手順を実行するためのライセンスがある医療機関では、私的または公的です。

ポリクリニックでは、緊急および標準的なワクチン接種スキームが国産薬で実施され、クリニックは輸入薬を使用します。それらの有効性は同じです-危険なウイルスに対するほぼ100%の保護。

ワクチン接種のニュアンス:医師からのアドバイス

確立された指示に従って実施される脳炎に対するワクチン接種は、患者が最初にワクチン接種されてから1年以内に繰り返されなければなりません。その後、3年に1回。

ダニ媒介性脳炎ワクチン接種

2回目の注射を逃した場合、医師は2回目の注射を処方し、患者が2回以上ワクチン接種に来ない場合は、治療コース全体が再度繰り返されます。

強い免疫を形成するには、最大1か月の間隔で2回目的の薬を入力する必要があります。最大限の保護のために、医師は脳炎の3回のコースを毎年または9か月間受講することをお勧めします。

感染のリスクが高い地域に行くときは、森林昆虫のために特別な手段を使用する必要があることを覚えておく必要があります:軟膏、クリーム、スプレーなど。子供はダニに刺されないように可能な限り保護する必要があります。

再ワクチン接種が行われるタイミングは小児科医によってのみ設定されますが、危険なウイルスに対する手順を見逃さないように、親はこの情報を記録しておく必要があります。

ダニ媒介性脳炎に対するワクチン接種により、免疫系がウイルスとより速く戦うことができます。これにより、多数の抗体が生成されます。脳炎に対する繰り返しのワクチン接種により、天然抗体の保護濃度は長期間維持されます。

【23年ぶり!】ダニ媒介脳炎にワクチンってあるの?予防方法は?

前の投稿 妊娠中にトリプルテストを行う必要がありますか?
次の投稿 ターバンを結ぶ方法:いくつかの簡単な方法を検討する