「はじめての陣痛、どうしよう…」病院に行く『絶妙のタイミング』とは

3番目の出産の準備:タイミング、前触れ、回復

すべての母親が3番目の子供を決めることができるわけではありません。多くの子供を持つ家族は、現代社会ではますます一般的ではありません。これには多くの理由があります-出生率を調整することを可能にする現代の避妊法、必要に応じて妊娠を終わらせる効果的な方法。

3番目の出産の準備:タイミング、前触れ、回復

しかし、現在の経済の不安定さから、別の子供が欲しいという確信さえも疑問視されています。これが、2人の子供が今日の最適な子孫の数と見なされる理由です。

それでも、女性が3回目の出産を決意した場合、彼女はこの出来事のすべての肯定的な側面と起こりうるリスクの両方を理解する必要があります。たとえば、前の2人の子供を出産した経験は、間違いなく、多くの子供を持つ将来の母親を助けるでしょう。しかし、彼女はまた、物事がいつうまくいかないかもしれないかを知る必要があります。


記事の内容

3回目の誕生の特徴とその準備

適切に準備すれば、3人目の子供の誕生はスムーズに進みます。

まず、体調に注意を払い、可能であれば、次の手順を実行します。

  • は、3人目の赤ちゃんが計画されている場合に最適です。次に、受胎前に、両方の親は、起こりうるリスクを排除するために必要な健康診断を受ける時間があります。
  • 多くの女性は年齢とともに体重が増え、3人目の子供を産むまでに、子宮と腹筋の筋肉が弱くなることがあります。あなたが自分の姿に取り組み、妊娠中は十分に食事をし、自分の世話をするのは素晴らしいことです。
  • 膣の筋肉をリラックスさせるための特別なエクササイズがあります。時々それらを行う価値があります;
  • 健康的な食品のみに基づくバランスの取れた食事は、妊娠中の主要な原則の1つになるはずです。
  • 体内に十分なカルシウムがあることを確認してください。出産時に骨が十分に強くなるように、その含有量のあるビタミン複合体を飲むことは不必要ではありません。
  • アクティブなライフスタイルに固執し、水泳や体操をし、新鮮な空気の中を散歩します。

子供の誕生前の先月、準備することはすでに役に立たないことを忘れないでください。準備時間をお見逃しなく。構想の瞬間から、あるいはその前から開始する必要があります。

心理的側面も非常に重要です。他の子供たちとの以前の経験が否定的だったとしても、忘れてみてくださいそれについて話し、痛みのない赤ちゃんに耳を傾けてください。お気に入りのアクティビティで自分を甘やかし、休息を取り、心配事の一部を家族に移してください。新しい兄弟や姉妹の到着に備えて、年長の子供たちを準備することも重要です。

3回目の誕生までどのくらいかかりますか

3番目の出産の準備:タイミング、前触れ、回復

統計がどうであれ、それぞれのケースは個別です。しかし、それでも、3回目の母親になることを決定した女性は、ほとんどの場合、以前の場合よりもはるかに早く出産することを知っておく必要があります。したがって、最初の赤ちゃんが通常40週で生まれる場合、3番目の赤ちゃんとの期間は妊娠37〜38週に相当する可能性があります。

もちろん、統計は相対的なものですが、それでも母親は、赤ちゃんが予定日より数週間早く外出するように求められるように準備する必要があります。

そのため、新しい息子や娘の出現が驚きにならないように、37週目にはすでに適切な精神的態度をとることが望ましいのです。

3番目の誕生の前触れ

家族の次の補充の出現のタイミングは少し予測できないので、経験豊富な女性でさえ興奮は完全に正当化されます。そのため、最初の前触れ者はあなたを病院に直接送る必要があります。そして、懸念が誤りであることが判明したとしても、赤ちゃんは自宅で、さらに悪いことに、完全に不適切な場所で生まれるリスクを冒します。

一般的なプロセスの初期段階は次のようになります。

  • 減量;
  • 腹部下垂;
  • 胎児の運動活動の低下;
  • おなかの突起;
  • 呼吸の緩和;
  • ネスティング症候群の発症;
  • 仙骨と腰椎の不快感;
  • 通常、赤ちゃんが生まれる3〜4日前に発生する誤った収縮。

一般に、リストされている前駆体は、以前の送達の兆候とほとんど変わりません。主な違いはタイミングかもしれません。3回目は通常より少し早く前駆体を修正する必要があるからです。

第3世代-それらは何ですか?

多くの子供を持つ将来の母親はすべて、3回目の出産がどのように行われるか、そして赤ちゃんの出生のさまざまな段階でどのように反応するかを事前に理解しておく必要があります。

最初の段階ではいくつかの問題が発生する可能性があるため、次の機能により、適切な対策を間に合わせることが重要です。

3番目の出産の準備:タイミング、前触れ、回復
  • 3回目の出産の女性の腹部と子宮の筋肉の伸展;
  • 二次労働力の弱さの可能性が高い;
  • 収縮が弱く、押す力が少ない。

また、多くの場合、そのような女性は、薬の助けを借りてさらに出産を刺激したり、セサリアセクションを使用したりする必要があります。

統計によると、35%のケースで同様の結果が得られています。

体を適切に準備し、合併症を防ぐためneniya、Kegelエクササイズを体系的に実行し、バランスの取れた食事を食べ、休息体制を観察することは価値があります。

3回目の出産の場合の胎盤の分離は、以前の場合よりも多くの痛みを伴う感覚を伴うことがよくあります。

このような痛みの理由には次のようなものがあります。

  • 子宮の筋肉が伸びて収縮が悪い;
  • フィブロイド、ポリープなどのさまざまな病状。;
  • 出血が発生する可能性があります。
  • 貧血と血圧低下の可能性が高い。

実際、一部の女性は以前よりもはるかに簡単に3回目の出産をしています。妊婦が35歳以下で健康状態が良好な場合、出産が容易になる可能性は非常に高くなります。

それ以外の場合は、起こりうるすべての合併症を考慮して、時間内にそれらを防ぐことが重要です。

臨月によくある異常な睡魔 なぜ?対策は?陣痛の兆候?

前の投稿 グラマラスガール:イメージ、スタイル、キャラクター
次の投稿 夏のコテージのための登山植物:最も美しく気取らないものを選ぶ