アトピー性皮膚炎~適切な治療で早期に改善~

アレルギー性皮膚発疹の治療法は?

アレルゲンと直接接触したときの皮膚反応は、体の感受性が高まることを示す最も一般的な兆候です。

アレルギー性皮膚発疹の治療法は?

アレルギー性皮膚発疹は、さまざまな形や大きさであるため、皮膚の炎症の理由をすぐに理解することは不可能です。これを無視すると、将来、アレルゲンに遭遇したときに、より深刻な反応-消化不良、慢性結膜炎、鼻炎、呼吸器症状-最強のものを含む-クインケ浮腫を引き起こす可能性があります。その間、喉頭粘膜が腫れ、風管を塞ぎます-呼吸障害が現れます。


すぐに治療を受けないと、その人は死にます。

記事の内容

アレルギー性発疹の種類

アレルギー性発疹は、炎症過程を増加させる外部の影響から遮断されているため、ほとんどの場合、手や顔に現れますが、体の他の部分にはあまり現れません。

アレルゲンにさらされた直後に巣箱が現れることがあります。それはかゆみのある感覚で始まり、次に皮膚に水ぶくれが形成されます。それらはグループにローカライズすることも、別々に表示することもでき、大きくても小さくてもかまいません。蕁麻疹は、刺激物と直接接触した後、および食物または呼吸器アレルギーとの両方で発生する可能性があります。

定期的な蕁麻疹の発生を無視すると、炎症過程が悪化し、湿疹が現れます。発疹は別々のグループに局在し、剥がれ、かゆみ、体の表面は常に濡れ、出血する亀裂が形成されます。

皮膚炎は、アレルゲンへの曝露後に現れる発疹です。したがって、咬傷、植物のやけど、家庭用化学物質との接触後の刺激に対する反応が現れます。

アレルギー性発疹の発症は、接触後、またはアレルゲンが体内に蓄積した直後に見られます。これが、食品または薬物のアレルギーがしばしば現れる方法です。

皮膚の炎症の原因

身体が個別に反応する物質と接触すると、皮膚の炎症反応が現れます。これらの物質は毒ではありません。何らかの理由で、体が外国のエージェントを目にします。将来、免疫細胞はこの物質を使用すると、特定の有機反応を引き起こす抗体が生成されます。

このような症状の理由が考慮されます:

アレルギー性皮膚発疹の治療法は?
  • 遺伝的要因-免疫系の感度は継承されます;
  • 感染症、ストレスの多い状況の後、体はアレルギー反応に直面する可能性があります-免疫状態が低下し、免疫系の反応が変化します;
  • 化学物質との接触;
  • 環境要因;
  • 薬物の長期使用

一部の薬剤は、初めて使用した場合、体内に副作用を引き起こさず、次の予約でアレルギー反応を引き起こす可能性があります。長い治療コースを経る必要がある場合、患者はこれを知っている必要があります-多くの医薬品の効果が長引く。

アレルギー性発疹の診断

検査は、理解できない発疹を訴えて皮膚科医に連絡したときに始まります。

皮膚の患部から掻き取り塗抹標本を採取し、患者は一般的な尿と血液の検査、生化学的検査を受けます。詳細な血液検査で好酸球の含有量が増加し、肝機能が正常である場合、アレルゲンの検索が始まります。

可能性のあるアレルゲンを決定する方法はいくつかあります:

  • 抗体の血液検査;
  • 皮膚テスト;
  • invitroでの血液の分析におけるIgGの感度の決定-血液は、試験管内の実験室条件でアレルゲンと組み合わされます。

包括的な検査は、特定のアレルゲンとの接触をさらに制限するために、それらを特定するのに役立ちます。

場合によっては、内省はどの物質がアレルギー反応を引き起こしたかを特定するのに役立ちます。患者は最近対処しなければならなかったことを思い出し、彼が何に反応したかを理解しています。

アレルギー性皮膚発疹の薬

アレルギー性皮膚発疹の治療法は?

大人と子供では、皮膚反応の扱いが異なります。子供たちはホルモン剤を処方しないようにしています。

アレルゲンの特定が不可能な場合、最近接触した可能性のあるいくつかの物質は除外されます。

軽度のアレルギーの治療は局所的な手段で行われ、患者の状態が十分に深刻な場合は、複雑な治療が行われます。

さまざまな世代の抗ヒスタミン薬が処方されています。前世代の薬は効果的ですが、1日に数回使用する必要があり、眠気を引き起こします。現代の薬には鎮静効果はありません。1日1回服用すれば十分です。抗ヒスタミン剤: Suprastin、Tavegil、Fenistil、Claritin、Cetrin

成人の場合は、ホルモン療法を使用することをお勧めします:プレドニゾロン、ヒドロコルチゾン、トリアムシンオロン

局所薬剤(抗炎症性および抗菌性のある軟膏およびクリーム)が使用され、皮膚の炎症を伴い、二次感染がしばしば発生し、化膿性炎症プロセスを引き起こします。

Fenistil-gel は、最良の局所治療法の1つと見なされています。さらに、クリーム Betamethasone および Beloderm が使用されます。軟膏 Eliderm は皮膚の症状を効果的に緩和しますが、その使用の効果はまだ完全には理解されていません。

治療は、塩化カルシウムまたはグルコン酸カルシウムの注射によって補完されます。これらの薬は経口で使用できますが、効果の効果は低下します。

さまざまな種類の吸着剤を使用して、アレルゲンの体を浄化します。

従来の方法

従来の療法は、アレルギーを治療する独自の方法を提供します。洗浄には、カモミール、マザーワート、ストリング、サンザシ、ローズヒップ、チコリ、オーク樹皮などのハーブの調合剤を使用することをお勧めします。

顔や手の肌を元に戻すには、きゅうり汁でローションを作ります。皮膚の発疹のためにあなた自身の軟膏を作ることができます。

これを行うには、材料を準備する必要があります:

  • 植物油-2部;
  • ベビーパウダー-1部;
  • 自家製の濃厚なサワークリーム-1部

混合物を炎症部位に1日2回15〜20分間塗布します。発疹がアトピー性湿疹のような発疹である場合は、独自の軟膏を使用しないでください。

アレルギー性皮膚発疹の治療法は?

ミイラには抗アレルギー効果があります。それは経口的に服用でき、局所薬剤として使用できます。内部使用の場合、1グラムのミイラを1リットルの水で希釈します。洗浄用-100gで。

グルコン酸塩の代わりに、伝統的な薬は同様の治療法を提供します-卵殻粉末。柑橘系の果物にアレルギーがない場合は、レモン果汁と組み合わせるのがよいでしょう-このようにして、グルコン酸はよりよく吸収されます。

レモン汁を2〜3滴、卵殻粉末のティースプーンに滴下します。食事中または食事後に、1日1杯を均等に摂取します。

カボチャ、ニンジン、等量のキュウリとビートルートのカクテルなどのフルーツジュースで体を浄化することをお勧めします。

防止

アレルギーから身を守るために、化粧品や家庭用化学薬品を選ぶときは注意が必要です。文字通りドリップ部分で新製品を試してみてください。薬を処方するときは、指示を注意深く読み、抗ヒスタミン薬とプロバイオティクスで治療を補ってください。

食事には以下が含まれている必要があります:

  • 穀物の形の繊維;
  • 新鮮な果物と野菜;
  • 発酵乳製品。

洗剤を購入するときは、子供に選択を与える必要がありますコイシリーズ。合成繊維を使用している衣服は拒否する必要があります。

化粧品や洗剤の有効期限が切れると、パッケージに十分な製品が残っていても、すべてを容赦なく廃棄する必要があります。

アレルギーはかなり危険な状態です。自分の健康に気を配り、アレルゲンに触れないようにすれば、予防することができます。アレルギー反応が少しでも疑われる場合は、抗ヒスタミン剤を舌の下に置く必要があります。

その湿疹、何かにかぶれていませんか?

前の投稿 私の猫の鼻が水っぽい場合はどうなりますか?
次の投稿 首の腫れ:それは何でしょうか?